読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インデックス投資とドルコスト平均法で子育て早期卒業!!

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用を投資信託でインデックス投資しています。もちろん老後のための資産形成も!

国内債券に投資する投資信託のベンチマークを調べてみた

国内債券に投資するインデックス型投資信託はどのようなベンチマーク(指数)に連動するのか?なんとなく国内債券に投資するのは同じだろうと思っていたのですが、今回SBI証券が販売する投資信託を対象に調べてみました。

勝手に「ベストファンド2017」おすすめファンドをランキング化 〜儲かる投資信託の選び方〜

ここ数年、インデックスファンドの低コスト化やひふみプラスなどアクティブファンドの台頭により、個人投資家にとってどのファンドを選べばよいのか、悩んでしまって投資方針が決めにくくなるような環境になりました。 そこで、今回は主要なファンド分類にお…

「ベストファンド2017」【国内株式編】〜儲かる投資信託の選び方〜

「ベストファンド2017」第三弾は国内株式編です。引き続き、どのファンドに投資すべきかについて考えていきます。 なお、第1弾はJ–REIT編、第2弾は先進国株式編でした。 手数料・運用実績による評価 インデックス型 対象とする指数はTOPIX ファンドの…

「ベストファンド2017」【先進国株式編】〜儲かる投資信託の選び方

投資信託購入でどの銘柄を買えばいいか?迷うのは当たり前です。日々新商品が発売され、手数料の引き下げ競争も行われている中で「少しでも利益を上げたい」。これは投資信託で積立投資を行っている投資家が常に考えることです。 今回は2017年に先進国株…

「ベストファンド2017」【J-REIT編】〜儲かる投資信託の選び方

投資信託購入でどの銘柄を買えばいいか?迷うのは当たり前です。日々新商品が発売され、手数料の引き下げ競争も行われている中で「少しでも利益を上げたい」。これは投資信託で積立投資を行っている投資家が常に考えることです。 今回は2017年に国内不動…

三菱UFJから超低コストインデックスファンド「eMAXIS Slim」が登場!既存投資信託との比較

インデックス投資に最適の超々低コストファンドが2月27日誕生 三菱UFJ国際投信が2017年2月10日に発表した資料によると、2017年2月27日付で、「eMAXIS」シリーズに追加する形で、新しい低コストインデックスファンド「eMAXIS Slim」(イーマクシススリム・…

投資信託における為替ヘッジの必要性

為替ヘッジとは 投資におけるリスクの一つに「為替リスク」があります。投資信託や上場投信ETFを通じ、海外の株式や債券などに投資する場合、米ドル建てなどの外貨建て資産へ投資して運用収益を獲得することを目指します。

野村Funds-i(ファンズアイ)からインデックスファンド・米国株式配当貴族が登場

S&P500配当貴族指数に連動する投資信託 S&P500配当貴族指数とは 構成銘柄上位10位はこちら ファンドの費用 P500指数・ダウとの比較 S&P500 ダウ平均との比較 あわせて読みたい!関連記事 超低コストインデックスファンド「iFree」の紹介記事はこちら 高配…

3分でわかる!リターンとリスクの計算方法 〜エクセルで計算編〜

投資信託のリターンとリスクをエクセル関数で簡単計算 リターンとリスクの計算方法として第1弾のリターン編、第2弾のリスク編で計算式を紹介しました。 今回は第3弾として難しい式はちょっとという方向けとして、エクセルで簡単に計算する方法を紹介しま…

3分でわかる!リターンとリスクの計算方法 〜リスク編〜

リータンとリスクについて 第1弾のリターン編に引き続き、資産運用に必要なリターンとリスクの知識に関するシリーズ第2弾はリスクについてです。 前回のリターンに関する記事はこちら。 gakushi-investment.hatenablog.com リスクの意味 リスクはリターン…

3分でわかる!リターンとリスクの計算方法 〜リターン編〜

リスクとリータンについて 投資信託で資産運用をこなう場合には、期待されるリターンとリスクを十分把握する必要があります。しかし、その言葉の意味を知らなければ、十分な利益を得ることができません。 今回はリターンとリスクにはいったいどういう意味が…

インデックスファンドに10年以上長期積立投資したシミュレーション結果!【国債編】

国債を中心とした投資信託に長期積立投資したらどうなる? インデックスファンドにドルコスト平均法で長期投資した場合の運用結果を過去データからシミュレーション。第二弾は国債にクローズアップします。 日本の債券は本当に危機においても強いのか?安定…

インデックスファンドに10年以上長期積立投資したシミュレーション結果!【Jリート編】

インデッックスファンドに長期積立投資したらどうなる? ドルコスト平均法の優位性はこちらの記事で書いたとおりですが、実際に運用した場合に本当に利益が得られるのか?そしてリーマンショックのような経済の旧祝が起きても大丈夫なのかを検証してみました…

5分でわかる!複利効果とは 〜ドルコスト平均法と一緒に考える〜

複利効果とはべき乗効果 複利効果の概要 複利効果とは、貯蓄による金利や運用で得た配当などを、ふたたび投資しその利息がさらに利息を生んでふくらんでいく効果のことです。 複利の反対は単利で、金利や配当を現金のままにしておき元本にしか金利が付かない…

5分でわかる!ドルコスト平均法による投資メリット 〜ほったらかし投資に最適〜

ドル・コスト平均法とは ドル・コスト平均法の概要 ドル・コスト平均法は、投資手法の一つで定額購入法ともいう。金融商品を購入する場合、一度に大量に購入したり、毎月定量を購入するのではなく、分割して一定額を定期的に継続して投資する方法。 例えば「…

大和証券から超低コストインデックスファンド「iFree」が登場!既存投資信託との比較

インデックス投資に最適の超々低コストファンドが9月8日誕生 大和証券が2016年8月25日に発表した資料によると、2016年9月8日付で、新しい低コストインデックスファンド「iFree」(アイフリー・あいふりー)シリーズを新規設定することとなりました。 全商…