読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほったらかし投資の達人

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用をジュニアニーサを利用して準備。もちろん老後のための資産形成もやっています。

2016年8月の投資運用結果 9月は緩和政策の検証とアメリカ利上げに注目

スポンサーリンク

8月の投資

 8月31日現在の運用結果報告です。

 8月もJ−REIT、国内株式を1万円ずつ、グローバルリート、外国株式を5千円ずつ購入しました。 

追加金融緩和でリートが失速、後半は円安で若干持ち直し

 7月の日銀の追加緩和ではETFの購入拡大にREITが含まれなかったことから、東証リート指数が7月末から8月末までに42ポイント以上の下落となり、国内REITは2%以上の下落となりました。ただ、今月の購入日あたりが8月の底値だったため8月分の投資は効率が良くなりました。

 また、ドル円は円高が進行し、海外REITが値下がりしましたが、月末にかけてアメリカの早期利上げが報じられるようになってからは一時99円台だった円相場も103円台まで回復し、なんとか落ち着いてきました。

2016年8月31日時点口座種別口数
(口)
基準
価格
(円)
評価額
(円)
比率
現状設定値乖離
J-REITFunds-i J-REIT ジュニアNISA 8,762 22,629 19,828 330,086 38.8% 33.3% 5.5%
たわら国内リート 総合口座 18,551 10,705 19,859
NEXT FUNDS 東証REIT連動 ジュニアNISA 150 1,936 290,400
海外REITFunds-i 外国REIT 特定口座 44,933 22,735 102,155 187,855 22.1% 16.7% 5.4%
iS米国リート ジュニアNISA 10 8,570 85,700
国内株式ひふみプラス 特定口座 120,561 25,685 309,661 323,438 38.0% 33.3% 4.7%
ひふみプラス ジュニアNISA 5,364 25,685 13,777
米国株式明治安田グレートイーグル 特定口座 7,170 13,905 9,970 9,970 1.2% 16.7% -15.5%
合計          851,350      

  

 8月の運用の結果、これまでの投資額は82万円になり、損益が22,316円のマイナスとなったため、保有資産の評価額は7,684円の増加にとどまっています。

 2016年8月31日現在前月比
これまでの投資額 820,000 30,000
現在の評価額 851,350 7,684
損益 31,350 -22,316

9月は日銀の金融政策の検証結果とアメリカの利上げに注目

 9月は日銀がこれまでの金融政策の総括的検証を行うこととなっています。

 物価上昇率が鈍化する中、政府が財政出動を行い、日銀にはさらなる緩和が期待されるようになってきました。個人的にはマイナス金利の拡大には反対ですが、これを含め、社債の購入、REITの購入枠の拡大などに期待が高まっていると報道されています。

 また国債の購入については市場の流動性を確保するため現在80兆円としている枠を70兆円から90兆円と幅を持たせるのではないかとの報道もあります。

 米国金利に関しては雇用状況が堅調に推移することを前提に9月にも利上げという観測となってきました。年内に1度は利上げを行うでしょうから9月に利上げとなっても待ってくおかしい話ではないです。

 利上げを行うとダウなどの株価指数が一旦下がりますが、過去の利上げではその後の株価指数は堅調に上昇していくことがわかっています。それだけアメリカ市場は投資に適した環境と言えそうです。

9月からはファンドを切り替えます

 大和証券から超低コストインデックスファンド「iFree(あいふりー)」が発売され9月8日から購入可能となっています。インデックス投資では手数料が投資結果に大きく影響を与えますので、9月からはJ-REIT、グローバルリート、外国株式を「iFree」に切り替えることとしました。

 「購入時手数料」「信託財産保留額」 もゼロですので、たわらノーロードと同様にリレー投資にも向いています。