ほったらかし投資の達人

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用をジュニアニーサを利用して準備。もちろん老後のための資産形成もやっています。

20代若手サラリーマンはビリオネア無理でもミリオネアなら可能なはなし

スポンサーリンク

 2017年の資産が10億ドル(1000億円)を超えるビリオネアの数は昨年の1810人から13%増えて2043人となりました。

 新入社員がビルゲイツ(9兆7000億円)や孫正義(2兆4000億円)になるのは無理でも、ミリオネアの目安である1億円の資産を保有するのは可能なので、若い人に知って欲しくて記事にしました。

f:id:monkey_papa:20170322052138j:plain

 20代サラリーマンへ

 世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)によれば、日本にも33人のビリオネアがいるとのこと。サラリーマンをしている限りビリオネアは無理だと諦めているあなたへ。

 ビリオネアは無理ですが、20代サラリーマンであれば、ミリオネア(資産1億円)であれば、おそらく可能です。

社会人になったら資産の目標を立てる

 社会人になったら、すぐに何歳までにどれくらいの資産を構築するか、目標を持ちましょう。

 今の世代は年金は払い損の時代です。今の受給者のように年金だけで生活できる確約はありません。最低でも3000万円は蓄えたいところです。

 でも、20代であればドルコスト平均方と複利効果など投資の基本ルールを理解すれば、ほったらかしておくだけで1億円の資産形成が可能です。

ミリオネアになるための心構え

 20代のサラリーマンが、本業をおろそかにせず、ミリオネアになるために覚えておきたいルールは、次のとおりたった3つです。それぞれの詳細はここでは説明しきれないので、本やネットで勉強してください。

  1. 積立ニーサやiDeCoで毎月2万3千円を積み立てる「ほったらかし投資」を行う
  2. 投資は面白くなければ、面白くないほどよい
  3. 目標額から必要な年率リターン(%)に見合ったインデックス型ファンドに投資

 

 1の積立ニーサは2018年から始まる予定の制度です。iDeCoはすでに多くの人が加入しており、投資が所得から控除され年末調整により、所得税が数万円もどってくる。さらに利益が非課税となっています。60歳まで引き出せないので、資産形成には最適です。なお、2万3千円はiDeCoでサラリーマンが毎月投資できる限度額です

 日々の投資にかける時間が最小限で済みますので、本業がおろそかにならないところもおすすめです。

 とりあえず、投資信託に毎月定額を投資、価格が下がっても上がっても買いのチャンスだと信じて、60歳までほったらかすだけです。

 ほったらかし投資についてのおすすめ本はこちら。必読です。

 

 

 2については、ほったらかし投資の説明にもなりますが、投資をするにあたって素人は「短期的に売買することで利益を得よう」「俺ならここで勝てる」などといった射幸心から頻繁に売買をしてしまいます。投資の世界では素人が短期的・投機的に売買して勝つことは皆無です。

 実際に私は独身時代にそのような投資スタイルでした。ルールを決めていたはずなのに、途中で「今回はこうしたら勝てる」といったことを考え短期的な売買をしたために100万単位の損失を出したことがあります。もちろん儲かることもありましたが、トータルはマイナスです。

 何といっても疲れます。仕事中にトイレでトレードしたり、朝昼晩投資の情報を収集したりといった感じです。そして本業であるサラリーマン業がおろそかになります。

 ドルコスト平均法とを理解して長期投資を心がけましょう。

www.gakushi-investment.com

 

 

 最後に3です。20代のサラリーマンには時間があります。23歳の新卒者であれば38年のサラリーマン人生(定年が65歳になれば43年)。

 投資で得られるリターンを複利で運用すればべき上効果により、雪だるま式に資産が増えます。長期であれば長期であるほどです。そして、投資にともなうリスクは、これまた長期であれば長期であるほど軽減されます。

www.gakushi-investment.com 

38年間積み立てるとミリオネアになれます

 下の記事でも書きましたが、リターン(%)と毎月の積立額が決まれば、N年後の運用結果は、スマホの電卓でも簡単に計算できてしまいます。 

www.gakushi-investment.com

 

 計算の結果、38年間にわたり毎月2万3000千円、約1050万円を投資し、最終的に1億円になっているためには、年10%のリターンが必要となります。

 

運用の方針 運用結果(万円)
年率1%で運用 1,270
年率3%で運用 1,910
年率5%で運用 2,970
年率7%で運用 4,760
年率10%で運用 10,050
年率12%で運用 16,830

 (年率リターンと38年後の運用結果:筆者計算)

 

 この低金利に年10%の運用は可能なのかと思われがちですが、可能です。

その答えはアメリカへの投資です。アメリカの金融商品を直接買う方法もありますが、日本の証券会社が販売する投資信託でも投資が可能です。

 ここ数年であれば、多くの指数が年10%を超える運用成績を残していますが、過去25年にわたり、10%を超える結果を出している指数としては、S&P500配当貴族指数があります。

  残念ながら、現状iDeCoでは買えないのですが、NISAでは購入可能で、来年始まる予定の積立NISAの対象にもなるとおもいます。

www.gakushi-investment.com

  上記ファンドは個人的に選んだ「ベストファンド2017」(先進国株式編)にも選びました。

www.gakushi-investment.com

  

 この記事を読んだ20代サラリーマンには、すぐに準備を始めて1日たりとも無駄にせず、目標に向かって資産形成を行って欲しいと切に願います。