読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほったらかし投資の達人

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用をジュニアニーサを利用して準備。もちろん老後のための資産形成もやっています。

S&Pグローバルリート指数とは?国別・用途別の構成比と長期リターンについて

スポンサーリンク

 国際不動産に投資する投資信託を選ぶ時によく見る指数に、S&Pグローバルリート指数があります。その指数の特徴について詳しく調べてみました。

f:id:monkey_papa:20170408102341j:plain

S&Pグローバルリート指数とは

 この指数は、日本を含む16カ国の先進国市場と7カ国の新興国市場の不動産投資信託から構成されており(2017年3月末時点)、スタンダード&プアーズ・ファイナンシャル・サービシーズ・エル・エル・シー社(S&P社)が算出・公表している指数です。

 1989年7月1日の設定以来世界のREITに投資するファンドのインデックス指数として広く採用されています。

国別の組み入れ銘柄数と構成比率

 国別の構成状況は、先進国16カ国、新興国7カ国の計23カ国のとなっていますが、ウエイトの2/3をアメリカが占めています。

 また、組み込まれている銘柄数は421銘柄となっています。

f:id:monkey_papa:20170408235056p:plain

国名組入れ銘柄数構成比
アメリカ* 158 64.4%
日本* 56 8.2%
オーストラリア* 32 7.4%
イギリス* 26 4.7%
フランス* 7 3.7%
シンガポール* 31 2.7%
カナダ* 30 1.7%
香港* 8 1.7%
南アフリカ 11 1.4%
メキシコ 8 0.8%
スペイン* 4 0.7%
ベルギー* 9 0.6%
ニュージーランド* 8 0.4%
オランダ* 4 0.4%
タイ 8 0.3%
マレーシア 7 0.2%
アイルランド* 3 0.2%
ドイツ* 2 0.2%
トルコ 4 0.1%
イタリア* 2 0.6%
イスラエル* 1 0.0%
台湾 1 0.0%
ギリシャ 1 0.0%

(*は先進国)(2017/3/31時点S&P Dow Jones Indicesより) 

用途別(セクター別)の構成比

 用途別の構成比は次のとおりとなっています。

用途(セクター)構成比
店舗用 26.5%
各種・分散投資型 15.5%
住宅用 14.3%
オフィス 12.5%
専門・その他投資型 9.4%
ヘルスケア 8.9%
工業用 8.2%
ホテル・リゾート 4.7%

組み入れ上位10銘柄 

 本指数に連動する運用を目指している「EXE-i グローバルREITファンド(SBIアセットマネジメント)」の2016年7月現在のポートフォリオは次のとおりとなっています。

順位銘柄名構成比投資国用途(セクター)
1 サイモン・プロパティー・グルーフ゜ 6.28% アメリカ 店舗型
2 パブリック・ストーレッジ 3.14% アメリカ 専門型
3 プロロジス 2.56% アメリカ 工業用
4 ウェル・タワー 2.52% アメリカ ヘルスケア
5 ベンタス 2.30% アメリカ ヘルスケア
6 アバロンベイ・コミュニティーズ 2.28% アメリカ 住宅用
7 エクイティ・レジデンシャル 2.20% アメリカ 住宅用
8 ボストン・プロパティーズ 1.95% アメリカ オフィス
9 ボルネード・リアルティ・トラスト 1.70% アメリカ オフィス
10 ゼネラル・グロース・プロパティ 1.66% アメリカ 店舗型

(2016年7月現在SBI-AM EXE-i グローバルREITファンドより)

長期・短期のリターンとリスク

 2017年2月末時点のリターン(配当込み)はドルベース、円換算ともに良好な成績を残しています。

 2008年のリーマンショックを含む10年間のリターンは3.0%となっていますが、さらに長期の20年間では、ドルベース・円換算ともに約9%と投資先としては申し分のない結果となっています。

 年率平均1年3年5年10年15年20年30年
USドルベースリターン (%) 12.9 8.4 10.1 3.0 10.2 9.2
リスク (%) 15.0 12.9 12.8 21.8 19.4 17.8
円換算リターン (%) 13.0 12.2 17.6 2.5 9.0 8.9
リスク (%) 17.1 15.1 15.4 24.0 21.0 20.6

(2017年2月末現在、出典:『わたしのインデックス』)

先進国指数、新興国指数との違いは 

 S&PグローバルREIT指数とS&P先進国REIT指数は異なるもので、グローバルが上位指数、先進国が下位指数となります。表のようにS&PグローバルREIT指数を構成する23カ国の投資国のうち、先進国16カ国により算定された指数が先進国REIT指数となります。さらに日本を除いた先進国15カ国により算定された指数がS&P先進国リート指数(除く日本)となります。

 同じように新興国25カ国により算定された指数が、S&P新興国REIT指数となります。

 日本で販売されているインデックス型投資信託には、これら4つのインデックス指数に連動するものが多くなっています。

指数投資国

S&PグローバルREIT指数

S&P先進国REIT指数

S&P先進国REIT指数(除く日本)

先進国16カ国

先進国(除く日本)15カ国

S&P日本REIT指数 日本

S&P新興国REIT指数

新興国7カ国

S&Pグローバルリート指数をベンチマークとする投資信託

 本指数(日本含む)をベンチマークとする投資信託は意外に少なく、ノーロードを対象にSBI証券で検索したところ、(2017年3月末現在)

  • SBI-EXE-i グローバルREITファンド

の1ファンドのみでした。

 

S&Pグローバルリート指数(除く日本)の場合も、

  • 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイグローバルリートインデックスファンド

の1ファンドのみとなっています。

一緒に読んでほしい記事 

www.gakushi-investment.com