ほったらかし投資の達人

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用をジュニアニーサを利用して準備。もちろん老後のための資産形成もやっています。

平成30年版 ふるさと納税 ワンストップ特例制度の申請書の書き方!提出はいつまで?

「ワンストップ特例制度」を簡単解説!

 ふるさと納税を利用した場合、年末年始にかけてやらなければならいのが、確定申告やワンストップ特例制度の申請です。

 今回はワンストップ特例制度の申請について条件、申請方法、期限を中心にまとめました。

  • 「ワンストップ特例制度」を簡単解説!
    • ワンストップ特例制度とは
    • 利用するための2つの条件
      • 1年間にふるさと納税を行う自治体数
      • 確定申告の必要がないこと
      • 特例制度の申請後に確定申告が必要になったら?どうする?
    • 申請方法と書類の書き方
      • 申請書の書き方
      • 本人確認書類
    • ワンストップ申請書の提出はいつまで?
    • 納税に関する関連記事
続きを読む

平成30年(2018年)人事院勧告の内容!5年連続増額も民間の上昇には追いつかず?

 今回は今年の人事院勧告の内容を紹介します。

 国家公務員の給料を決める人事院勧告は毎年8月上旬に行われますが今年は8月10日に実施されました。(17年は8月8日)

 人事院勧告は労働基本権が制約され、給与など勤務条件の改定に自ら関与できない国家公務員のため、人事院が国会と内閣に必要な勧告を行い、法改正により見直しを求める制度となります。

 

 公務員と民間企業の従業員の給与水準を均衡させることを目的に、毎年実施されますが、今年は勧告にあたり、従業員50人以上の規模の民間事業所約1万2500カ所53万人の給与や諸手当の支給状況を調査し、その結果から給与の官民差を算出しています。

 勧告は50人以上の規模の民間企業の給料を調査し行われるため、公務員の給料が上がることは、民間の給料が上がっている証となりますが、今年は少し上昇幅が小さかったようです。

 

  • 今年の人事院勧告の内容
    • (1)民間給与との比較による月例給の改定
      • 民間(春闘)の結果
    • (2)ボーナスは小幅ながらも4年連続の増額勧告
    • (3)国家公務員の定年は65際に引き上げ 
    • (4)一般職員の扶養手当は移行完了へ
  • 勧告が完全実施されるとどうなるか
    • 若手職員に手厚い配分に
    • 人件費は1,150億円の増加に
    • 一人当たりの年収は3万1000円増も中堅には厳しい内容に
  • 昨年2017年の人事院勧告の内容はこちら

人事院が入る合同庁舎

続きを読む

現職知事が死亡した場合の選挙日程!〜沖縄県翁長知事が死去 知事選挙はいつ?〜

9月30日に知事選挙を実施

今後の知事選までの流れについて関連法令とともに解説します。

f:id:monkey_papa:20180808234808j:plain

(free-photo.netより)

8月8日に翁長知事が死去

 12月9日の任期まで4ヶ月のところで、沖縄県知事の翁長雄志氏が8日、膵臓(すいぞう)がんのため死去しました。

続きを読む

投資信託のリバランスの必要性とタイミング 

 今回は投資におけるリバランスの必要性と実施タイミングについて実際のデータを用いて検証してみました。

 毎月リバランスを行っている人やリバランス全く行っていない人は最後まで読んでいただけると参考になると思います。

f:id:monkey_papa:20170602070040j:plain

  •  リバランスとは
  • リバランスの必要性の検討
    • 検討ポートフォリオ
    • リバランスの考え方
    • リバランスの必要性
    • リバランスのタイミング
    • 注意が必要な毎年リバランス
  • リバランスについてまとめ
続きを読む

投資の将来シミュレーションに役立つサイト「野村ファンズアイの投信アシスト」

リスクとリターンを使った現実的な運用結果を予測

投信アシストがリニューアル

 自分が投資する投資信託のリターンとリスクを知っていても、投資の目安として以外の使い方がなかなかわからない人が多いと思いますが、10年後20年後の結果をシミュレーションできるサイトがあります。「野村ファンズアイ」のサイトにリンクがある「投信アシスト」です。

 

 ファンズアイといえば、我が家が米国配当貴族指数に投資するために使っている投資信託です。インデックスファンドが中心ですが、手数料は少し高め。

www.gakushi-investment.com

 

 そして、以前もシミュレーションができましたが、ルートT倍法という簡便法が採用されていたためか、シミュレーションサービスは一旦終了していました。

 ルートT倍法の紹介は下の記事でしたことがありますが、スマホやエクセルで誰もが計算できる簡単な方法ですが、途中経過が無視されているので、結果がよくなりすぎるという欠点がありました。

www.gakushi-investment.com

 

投信アシストを使ってみた!

 さっそく、モンテカルロ法になって生まれ変わった投信アシストを使ってみました。

 

続きを読む