ほったらかし投資の達人

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用をジュニアニーサを利用して準備。もちろん老後のための資産形成もやっています。

個別株は難しいと再認識しました! 2017年12月夫婦の資産運用結果 

 先月17年12月末時点での夫婦の資産運用の状況です。10月は貯金を除く金融資産(子供名義を含む)は個別株の下落で9ヶ月ぶりの減少となり、約9万円の投資にも関わらず、630万円台で足踏みとなりました。

 投資信託の運用は本当に好調が続いています。12月も含み益が投資額の2%弱増となっています。

  • 投資運用方針
  • 2017年12月夫婦のための投資運用結果!
    • 毎月積み立て分(5万円/月)
      • これまでの投資額と損益
      • 資産ごとの内訳
  • 現物株は散々な結果に
  • 金融資産630万円台で一旦足踏み状態
  • こんな記事も書いています
続きを読む

長男(6歳)の教育資金は250万円に!2017年12月の運用結果

 新年ももう13日目、遅くなりましたが、17年12月末時点の教育資金の運用結果を整理しました。好調な世界経済を受けて、引き続き好調な結果を残すことができました。

 

 

子どもの教育のイメージ写真

  • 12月は好調な世界経済のあとおしで9ヶ月連続のプラス運用
    • 先月12月の投資環境
    • 今月1月の投資環境 
  • 12月の長男・次男の大学進学資金運用結果! 
    • 長男のアセットアロケーション
    • 次男のアセットアロケーションと20年後の運用結果予測
  • 12月末日時点の保有資産
    • 長男の教育資金は6才(年長)で250万円に
      • これまでの投資額と現在の評価額
      • 保有資産一覧
      • 優待銘柄を長期保有するとどうなるか(学資運用ポートフォリオ外)
    • 次男の運用結果
      • これまでの投資額と現在の評価額
      • 保有資産一覧
      • 連続増配銘柄を長期保有するとどうなるか(学資運用ポートフォリオ外)
  • あわせて読みたい記事はこちら
    • 11月末の運用結果はこちら 
    •  大学進学資金は投資か学資保険どちらで準備すべきか
    •  教育資金のため方
    • 自分は子どもの成長を見届けられるか?死亡率と生存率
続きを読む

J-REIT下落の原因と2018年第1四半期の見通し

 国内リートの現状と見通しについて、18年第1四半期を記事にしました。

前回記事にした17年第3四半期の記事はこちらです。

J-REIT下落の原因と今後の見通し(2017年第3四半期)

 

不動産投資のイメージ

  • リート指数下落の要因
    • 世界的な株高による下落
    • 金融機関(日銀を除く)と投資信託の売り
  • J-REIT 18年第1四半期(1〜3月)の見通し
    • プラス材料
      • 日銀による買い
      • 低空室率と賃料上昇
      • 低い金利
      • 利回り商品としての魅力増加
    • マイナス材料
      • 北朝鮮による地政学的リスク
      • 続く投資信託からの売り
      • 空室率の一時的な上昇
    • まとめ
  • あわせて読みたい関連記事
続きを読む

平成29年版 ふるさと納税 ワンストップ特例制度の申請書の書き方!提出はいつまで?

「ワンストップ特例制度」を簡単解説!

 ふるさと納税を利用した場合、年末年始にかけてやらなければならいのが、確定申告やワンストップ特例制度の申請です。

 今回はワンストップ特例制度の申請について条件、申請方法、期限を中心にまとめました。

  • 「ワンストップ特例制度」を簡単解説!
    • ワンストップ特例制度とは
    • 利用するための2つの条件
      • 1年間にふるさと納税を行う自治体数
      • 確定申告の必要がないこと
      • 特例制度の申請後に確定申告が必要になったら?どうする?
    • 申請方法と書類の書き方
      • 申請書の書き方
      • 本人確認書類
    • 申請書の提出はいつまで?
    • 納税に関する関連記事
続きを読む

中国の外貨準備高の推移と長期データのダウンロード方法

 世界第2位の経済規模となった中国は、経済の成長に合わせ、その外貨準備高を3兆USドルを超えるまで増加させました。
 現在は中国の外貨準備高の減少に歯止めをかけるべく当局が資本規制を行っています。この状態が続くようであれば、対中投資の減少から経済が低迷するのは時間の問題かもしれません。今後の中国経済を占う上でも注目される重要な経済指標の一つともなってきました。

 今回は中国の外貨準備高の推移とダウンロード方法について記載します。

五星紅旗

  • 外貨準備高とは?
  • 中国の外貨準備高の推移
    • (1980年以降の外貨準備高の推移(単位10億USドル))
    • (1980年以降の外貨準備高の推移(対数)(単位10億USドル))
    • (2000年以降の外貨準備高の推移(単位10億ドル))
  • 中国の外貨準備高の年次データ
    • 注目される2017年の最新月次データ
  • 中華人民共和国の外貨準備高長期データの無料ダウンロード方法はこちら
  • その他の経済指標に関する記事はこちら
続きを読む