読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インデックス投資とドルコスト平均法で子育て早期卒業!!

子育ては18歳まで!ときめて大学進学費用を投資信託でインデックス投資しています。もちろん老後のための資産形成も!

新卒社員にとってビリオネア無理でもミリオネアなら可能なはなし

お金の話 投資の知識

 2017年の資産が10億ドル(1000億円)を超えるビリオネアの数は昨年の1810人から13%増えて2043人となりました。

 新入社員がビルゲイツ(9兆7000億円)や孫正義(2兆4000億円)になるのは無理でも、ミリオネアの目安である1億円の資産を保有するのは可能なので、若い人に知って欲しくて記事にしました。

f:id:monkey_papa:20170322052138j:plain

続きを読む

2017年2月 夫婦の運用結果 ゼビオの株主になりました!

家計 投資運用結果 月間運用結果

 これまで、毎月1回子供の教育資金の運用結果を掲載してきましたが、2月分から夫婦の結果も書いていこうと思います。老後までに投資だけで最低5千万円の資産を築きたいとおもっています。

f:id:monkey_papa:20170319164856j:plain

  • 投資運用方針
  • 2017年2月夫婦のための投資運用結果!
    • 毎月積み立て分(5万円/月)
      • 資産ごとの内訳
      • これまでの投資額と損益
      • ポートフォリオのチェック
    • 現物株式の保有状況
  • 最後に我が家の金融資産
  • あわせて読みたい記事はこちら
    • 2月の教育資金の運用結果
続きを読む

勝手に「ベストファンド2017」おすすめファンドをランキング化 〜儲かる投資信託の選び方〜

投資信託

 ここ数年、インデックスファンドの低コスト化やひふみプラスなどアクティブファンドの台頭により、個人投資家にとってどのファンドを選べばよいのか、悩んでしまって投資方針が決めにくくなるような環境になりました。

 そこで、今回は主要なファンド分類において手数料や運用実績といった過去のデータから個人投資家が選ぶべきファンドを「ベストファンド2017」として選ぶ記事を書くこととしました。

f:id:monkey_papa:20161130225616p:plain 

続きを読む

ゼビオHD(8281)とアルペン(3028)の株主優待どちらがお得か比較検証!

株主優待
  • 2大スポーツ用品店であるゼビオとデポの株主優待を比較
  • それぞれの店舗は多種多彩
    • ゼビオホールディングス(8281)2016年9月現在
    • アルペン(3028)2016年12月現在
  • ゼビオとデポの商品の価格や品揃えを比較
    • Crocs(クロックス)
    • coleman(コールマン)
    • ブリジストンテニスボール
    • プライベートブランド(PB)はデポが充実
    • 品揃えはゼビオか。登山をする人はゼビオ!
  • 2社の株価と優待内容を比較
  • まとめ
  • あわせて読みたい関連記事

2大スポーツ用品店であるゼビオとデポの株主優待を比較

 子育て世代において、嬉しい子供の成長とともに必要となるのが、習い事やクラブ活動で必要となる、ユニフォーム、バット、ボール、シューズなどなどの運動用具です。安くはない買い物である上に、実際に試着したり手にとって子供にあったものを買ってあげたいところです。

 そこで、今回は全国展開している2大スポーツ用品店の株主優待制度を比較します。1社目はゼビオを展開するゼビオホールでヒングス(8281)、2社目はデポを展開するアルペン(3028)です。

 両者はそれぞれ株主優待制度を設けていますので、その使い勝手についてどちらがお得か比較します。f:id:monkey_papa:20170114220045j:plain

続きを読む

「ベストファンド2017」【国内株式編】〜儲かる投資信託の選び方〜

投資信託

 「ベストファンド2017」第三弾は国内株式編です。引き続き、どのファンドに投資すべきかについて考えていきます。

 なお、第1弾はJ–REIT編、第2弾は先進国株式編でした。

  • 手数料・運用実績による評価
    • インデックス型
      • 対象とする指数はTOPIX
      • ファンドの抽出条件
      • 2017年選ぶべき銘柄
      • トピックス連動型・手数料昇順
    • アクティブ型
      • 国内株式・アクティブ型・償還日設定無し・リータン(3年)降順
      • 2017年選ぶべき銘柄
      • 選考理由
  • 勝手にベストファンド2017【国内株式編】
続きを読む